コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営実 えいじつ

世界大百科事典内の営実の言及

【ノイバラ】より

…おしべは多数,果実(偽果)は球形で,秋から冬にかけて赤く熟する。果実は日本の民間薬で,営実(えいじつ)と称される。フラボン配糖体を含み,瀉下(しやげ)薬として1日2~5gを煎用する。…

※「営実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

営実の関連キーワードエコール・ナショナル・ダドミニストラシオンセキュリティーアナリストプロジェクトマネージャーソリューション・サービスザンクト・ガレン修道院日本医療機能評価機構ナレッジマネジメントディスクロージャーノイバラ(野薔薇)山田町NPO問題タラアト・ハルブタラアト・ハルブソリューションMentor伊藤博文内閣野薔薇・野茨連結財務諸表日本国有鉄道佐藤勝三郎諸井 貫一