コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業の自由論争 えいぎょうのじゆうろんそう

世界大百科事典内の営業の自由論争の言及

【職業選択の自由】より

… 職業選択の自由は,ある職業の開始,継続,廃止という狭義の職業選択の自由のみならず,選択した職業を遂行する自由である職業活動の自由をも含むものである。職業選択の自由のなかに,自己の従事すべき職業を決定する自由のほかに,その職業を行う自由としての営業の自由を含めるのが法学者の通説的見解であるが,これに対する経済史学者から出された批判をめぐって展開されたのが,〈営業の自由論争〉である。経済史学者から出された批判の骨子は,営業の自由は,歴史的には,国家による営業規制からの自由であるだけではなく,何よりも,営業の独占と制限からの自由であり,営業の自由は,人権として追求されたものではなく,公序public policyとして追求されたものである,というところにある。…

※「営業の自由論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone