噛砕(読み)かみくだく

精選版 日本国語大辞典「噛砕」の解説

かみ‐くだ・く【噛砕】

〘他カ五(四)〙
でかんでくだく。
太平記(14C後)一二「菅丞相御気色俄かに損じて御肴に有りける柘榴を取りてかみ摧(クダ)き」
② むずかしい事をわかりやすくする。
※雑俳・柳多留‐四五(1808)「かみくだく慈悲万民の歯にこたへ」

ごう‐さい ガウ‥【噛砕】

〙 かみくだくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android