コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回分沈降曲線 かいぶんちんこうきょくせん

世界大百科事典内の回分沈降曲線の言及

【沈降】より

… 凝集性粒子あるいは粒子濃度がある程度以上大きな濃度で分散している混合液を容器中でよくかきまぜ均一にしたのち静置すると,時間経過とともに上方に清澄液層ができ,清澄液層と粒子混合層との間に形成された明りょうな境界面が下方に移動するのと同時に,濃い濃度層が底部から上昇する現象が観察される。この現象を干渉沈降hindered settlingといい,このときの清澄界面高さと時間との関係は回分沈降曲線で表される。その代表的な例を図に示す。…

※「回分沈降曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android