コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国芳 くによし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国芳
くによし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国芳の言及

【歌川国芳】より

…初世歌川豊国の門人で1814年(文化11)ごろ画壇に登場。初め同門の歌川国貞に押され気味であったが,文政末年に《通俗水滸伝豪傑百八人之一箇》の錦絵シリーズが好評を博し,一躍〈武者絵の国芳〉の名声を得るに至った。他に美人画や,葛飾北斎の作風も採り入れた役者絵も多数制作したが,むしろ量的には少ない。…

※「国芳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国芳の関連キーワード那珂川町馬頭広重美術館歌川芳盛(初代)歌川芳宗(初代)歌川豊国(初代)男山酒造り資料館歌川芳艶(初代)歌川芳丸(2代)歌川芳豊(初代)歌川芳景(1)八大教育主張井草孫三郎五姓田芳柳歌川芳満歌川芳盛竹内田蝶小林澄兄河村文鳳玉川大学歌川芳広歌川芳秀

国芳の関連情報