コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連人権高等弁務官 こくれんじんけんこうとうべんむかんThe UN High Commissioner for Human Rights

知恵蔵の解説

国連人権高等弁務官

各国の政治的思惑に左右されず、効果的で迅速な一貫性のある人権保障措置、調整のための国連人権弁務官の設置が望まれていた。1993年の世界人権会議の際のウィーン宣言によって、その設置が勧告され、同年国連総会で設置が決定された。初代ホセ・アヤララッソ、次代メアリー・ロビンソンに次いで、セルジオ・ビェラ・デメロが弁務官に任命されたが、2003年8月19日バグダッドで殉職。しばらく空席のあと、04年2月カナダ最高裁判所判事だったルイズ・アルブールが第4代に決まり、同年6月から4年の任期で就任した。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

国連人権高等弁務官【こくれんじんけんこうとうべんむかん】

国連世界人権会議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

国連人権高等弁務官の関連キーワードアムネスティ・インターナショナル国際連合人権高等弁務官事務所国連人権高等弁務官事務所アイルランド(共和国)国際連合人権高等弁務官メアリー ロビンソンルイーズ アルブール国連人権理事会高等弁務官OHCHR

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国連人権高等弁務官の関連情報