国連世界人権会議(読み)こくれんせかいじんけんかいぎ

百科事典マイペディアの解説

国連世界人権会議【こくれんせかいじんけんかいぎ】

世界人権宣言45周年を記念して1993年6月14日ウィーンで開かれた人権会議。171ヵ国とNGOも参加。同会議は世界人権宣言の実現を図ることを目的とするもので,1968年にテヘランで開かれた〈人権に関する国際会議〉(〈テヘラン宣言〉を採択)に続くもの。会議では人権(基本的人権)は普遍的だとする先進諸国と,各国・地域の特殊性や歴史・文化・宗教的背景を考慮すべきだとする発展途上国の主張が対立。最終文書の〈ウィーン宣言〉では双方の主張を妥協させ,人権の促進と保護を国際社会の最優先課題としながらも,国家や地域の特殊性や歴史的・文化的・宗教的な背景へ留意することも盛り込まれた。発展途上国の〈発展の権利〉についても普遍的な権利として認め,その他女性や子供の権利擁護,少数民族の人権保護を掲げた。また国連総会に対し,国連人権センターの強化並びに人権高等弁務官の設置を勧告した。
→関連項目国際連合

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android