コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐少掾 とさのしょうじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

土佐少掾

生年:生没年不詳
江戸前期の古浄瑠璃の太夫。延宝から宝永(1673~1711)ごろ江戸で流行した土佐節の開祖。人形浄瑠璃薩摩浄雲座の人形遣い内匠市之丞の子。寛文初年より浄雲の下で内匠虎之助と称して活躍しはじめ,寛文11(1171)年には独立して土佐座を興し,掾号を受領して土佐少掾橘正勝と名乗った。延宝8(1680)年に「酒呑童子」を4代将軍家綱の上覧に供し,貞享・元禄期(1684~1704)にはしばしば諸大名の屋敷で上演している。薩摩系の硬派的傾向に抒情味を加えて独自の曲風を確立し,「定家」「三世二河白道」など古典的題材に当世風俗を取り入れた作が多い。<参考文献>鳥居フミ子『近世芸能の研究―土佐浄瑠璃の世界』,『土佐浄瑠璃正本集』全3巻

(鳥居フミ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の土佐少掾の言及

【土佐節】より

…江戸の古浄瑠璃の曲節。土佐少掾(とさのしようじよう)橘正勝が創始。彼は薩摩浄雲座の人形遣い内匠(たくみ)市之丞の子で,幼名虎之助。…

※「土佐少掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土佐少掾の関連キーワード土佐少掾橘正勝(2代)土佐少掾橘正勝(初代)土佐少掾橘正勝(3代)小野道風青柳硯広瀬式部太夫浄瑠璃古今序手品市左衛門江戸浄瑠璃中津忠四郎虎屋永閑清玄桜姫内匠土佐

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android