土地と自由結社(読み)とちとじゆうけっしゃ

世界大百科事典内の土地と自由結社の言及

【人民の中へ】より

…1873‐75年にロシアで大規模に実践された知識人・学生による社会変革の運動。74年の春~夏に最盛期を迎える。最初は帝政下で特権を享受する知識人・学生の道徳的自己完成または自己否定の運動に始まり,人民への負債の念から人民を救済するための社会主義の実現へと行動をひろげた。はじめ都市の労働者と出稼ぎ農民の間で宣伝・教育活動を行い,続いて農村に入り農民の間で社会主義の宣伝と革命に向けての農民の蜂起を扇動した。…

※「土地と自由結社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android