土墩(読み)どとん

世界大百科事典内の土墩の言及

【湖熟文化】より

…この文化を担った人々は既に青銅器を鋳造する技術を身につけていたが,鋳造されたものは,すべて小型の青銅工具で,斧,小刀,鏃などが存在する。湖熟文化の分布地区には,土墩(どとん)と呼ばれる集合墓が存在する。その年代はおおよそ西周前期から春秋戦国時代に至っている。…

※「土墩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android