土壌生菌類(読み)どじょうせいきんるい

世界大百科事典内の土壌生菌類の言及

【菌類】より

…海にはミズカビ群のほか,特殊な子囊菌がいる。陸上では土壌に最も多く,土壌生菌類と称され,物質の分解に大きく関与している。植物につく菌類には寄生菌と腐生菌とがあり,前者は銹病菌(さびびようきん)などの絶対寄生菌と土壌などで腐生生活ができるものが含まれる。…

※「土壌生菌類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報