土岐の鷹(読み)ときのたか

世界大百科事典内の土岐の鷹の言及

【土岐氏】より

…応仁の乱において,成頼は西軍に属して戦い,守護代斎藤妙椿(みようちん)が国内を統率し安定していたが,乱後下剋上の高まりのなかで家督争いが頻発し,勢力を失い,1552年(天文21)頼芸(よりのり)は斎藤道三に国を追われ,土岐氏は滅亡した。 土岐氏一族は,歴代和歌,連歌など文芸を愛好するものが多く,また歴代鷹の絵を描くのを得意とし,〈土岐の鷹〉として伝える絵を残している。江戸時代,頼芸(よりのり)の子孫は旗本として幕府に仕え,また一族の定政も大名となり,下総守谷1万石を領し,その子孫は上野沼田3万5000石を領した。…

※「土岐の鷹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android