土岐光行(読み)ときみつゆき

世界大百科事典内の土岐光行の言及

【美濃国】より

…乱後,守護も宇都宮氏に変わるとともに,市橋荘に石川氏,彦坂郷に片桐氏,大桑郷に逸見(へみ)氏など,新たに源氏の地頭が入り,美濃の武士団の状況は大きく変化した。しかし土岐光行は幕府側にたち,饗庭(あえば)荘などを恩賞として与えられ,再び美濃の雄族としての地歩をかため,守護となった北条氏の得宗と結ぶなどして勢力を拡大していった。 南北朝の内乱にさいし,土岐頼貞は足利方につき,1336年(延元1∥建武3)にはすでに美濃国守護に任ぜられ,その後も国内外の南朝勢力の鎮圧などに功績をあげ,戦国時代まで200余年間土岐氏が美濃国の守護職を保持する基礎をかためた。…

※「土岐光行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android