土手の金鍔(読み)どてのきんつば

世界大百科事典内の土手の金鍔の言及

【金鍔】より

…江戸金鍔のほうはみめよりのような方形のもので六方焼とも呼ばれ,これも人気があったという。江戸では明治になるまで〈土手の金鍔〉というのが有名だった。〈年期増しても食べたいものは土手の金鍔さつま芋〉と都々逸にうたわれたもので,吉原遊廓近くの日本堤に何軒もの店があった。…

※「土手の金鍔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android