土肥の湯(読み)どいのゆ

世界大百科事典内の土肥の湯の言及

【湯河原[町]】より

…人口2万8389(1995)。静岡県境にあたる千歳川と箱根外輪山から流出する藤木川の合流部に温泉がわき,〈刀比(とい)の湯〉〈土肥(とい)の湯〉〈小梅の湯〉などと呼ばれて,《万葉集》巻十四にも,〈足柄(あしがり)の土肥の河内(こうち)にいづる湯〉と詠まれている。中世には相模平氏の分流土肥氏の拠点となり,近世は土肥村に属した。…

※「土肥の湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android