コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧延穿孔 あつえんせんこう

世界大百科事典内の圧延穿孔の言及

【金属管】より

…ピアサーに荷重して押しあけるほうが内面きずのない良い管が製造できることがわかり,また,芯にざく穴があく傾向のあるロール傾斜圧延でもピアサーで穿孔ができることがわかってきた。そこで円形断面の型の中で内接する正方形断面ビレットに円筒ポンチを押し込み,中心に穿孔すると余肉は周囲のダイスになじんで素管ができるという,イタリアのカルメスのアイデアを生かして,2段の穴型圧延機に正方形断面ビレットを押し込み,ピアサーにより穿孔する圧延穿孔法が1970年代初めに新日本製鉄の技術者たちにより開発された。このようにつくられた素管は,その後芯金(マンドレル)を使用したり,あるいは使用せずに延伸圧延されて製品の管とされる。…

※「圧延穿孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android