コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方交付税交付金 ちほうこうふぜいこうふきん

1件 の用語解説(地方交付税交付金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方交付税交付金
ちほうこうふぜいこうふきん

地方自治体一般財源として交付されているもので,自治体間の財政均衡と財源確保のために設けられている。国の予算では,政策経費である一般歳出に次ぐ大きな項目になっている。具体的には所得,法人,酒税の 32%とたばこ税の 25%,消費税収から消費剰余税分 (20%) を除いた額の 24%が交付税特別会計に組入れられ,全国の自治体に配分される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方交付税交付金の関連キーワード依存財源一般財源自主財源地方交付税地方自治体ブロックグラント地方交付税の法定率住民訴訟と地方自治体職員地域活性化対策各自治体の職員手当

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方交付税交付金の関連情報