コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂高麗左衛門 さか こうらいざえもん

3件 の用語解説(坂高麗左衛門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

坂高麗左衛門

陶芸家。萩焼坂窯十一代。県無形文化財日本工芸会会員。昭和55年(1980)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂高麗左衛門 さか-こうらいざえもん

⇒高麗左衛門(こうらいざえもん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂高麗左衛門

没年:寛永20.2(1643)
生年:宣祖19(1586)
江戸初期の萩焼の陶工。文禄・慶長の役の際に渡来した朝鮮王朝(李朝)の陶工で,萩焼の開祖李勺光の弟,名は李敬。来日後坂助八と改名,兄勺光と共に萩城下松本中之倉の松本窯薪山御用焼物所で陶業に従事し,兄の死後,遺子山村新兵衛(松庵)を養育し,寛永2(1625)年新兵衛が萩藩初代藩主毛利秀就から「作之允」に任ぜられるとほどなく,「高麗左衛門」に任ぜられ,3人扶持米9石を給される。坂家は3代新兵衛から御用惣都合を勤め,藩窯松本窯の中核を成した。また初代の子蔵崎五郎左衛門は深川村三ノ瀬(長門市)に移り,深川焼(深川萩)を開いた。明治に入ると藩窯から民窯へと転換するが,伝統の茶器を作り,現在は12代高麗左衛門。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂高麗左衛門の関連キーワード慶長の役権兵衛焼火計高麗左衛門(初代)三官陶範丘朴平意三輪休雪(初代)山村松庵李勺光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂高麗左衛門の関連情報