コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直的分業 すいちょくてきぶんぎょう

2件 の用語解説(垂直的分業の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

垂直的分業

先進国と途上国との間で、工業製品と一次製品を交換する国際分業を指す。水平的分業と対で使われる。先進国が工業製品を生産し、途上国が原材料を生産して、それらを交換することで、国際的な分業体制が構築される。途上国の産業が発展することで、途上国が先進国へと進展して、水平的分業へと変わっていくことがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいちょくてきぶんぎょう【垂直的分業】

発展段階の異なる国の間などで行われる国際分業。先進国が工業製品を、発展途上国がその原材料を供給しあうような場合をいう。 ↔ 水平的分業

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の垂直的分業の言及

【国際分業】より

…日本の工業力,とくに技術・知識集約的生産での国際競争力が強まるにつれて,国際分業の形態も変わらざるをえなくなってきた。従来のように原燃料だけ輸入し,工業品を全部国内で自給し輸出するといった垂直的分業だけでは,大幅な貿易収支黒字がますます拡大し,欧米諸国や新興工業国との貿易摩擦が強まるようになってきた。今後は単純工業品だけでなく,消費財,部品,中間財まで多様な工業品を輸出するとともに輸入もする,水平的分業を促進する必要がある。…

※「垂直的分業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

垂直的分業の関連キーワード開発途上国特恵関税ブーメラン効果垂直的国際分業CDMクリーン開発メカニズム)植林クリーン開発メカニズム(CDM)世界銀行・IMF合同開発委員会先進国と途上国南北問題とフェアトレード遺伝資源へのアクセスと利益配分

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垂直的分業の関連情報