コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基数効用関数 きすうこうようかんすう

世界大百科事典内の基数効用関数の言及

【効用関数】より

…このとき,対象のそれぞれに数値を対応させる関数u(・)を,任意のx,yについて,x≿αyのときかつそのときに限ってu(x)=u(y)+αとなるように定めることができる。この関数u(・)を基数効用関数という。 効用関数は人間のもつ対象の間の選好を数値的に取り扱うことを可能とするものであって,経済学,心理学をはじめ人間の感覚を計測する分野において基本的な概念を構成している。…

※「基数効用関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android