コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本対称式 きほんたいしょうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本対称式
きほんたいしょうしき

対称式」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の基本対称式の言及

【対称式】より

…例えば,x12x22+……+xn2=σ12-2σ2である。これからわかるようにσ1,σ2,……,σnは基本的なものであり,基本対称式と呼ばれる。一般に体k上の多項式環k[x1,……,xn]に群Gが作用している(α∈G,f(x1,……,xn)∈k[x1,……,xn]に対して,多項式(αf)(x1,……,xn)が定まり,f→αfは環準同型,(αβ)f=α(βf),単位元eについてはeff,∀α∈G,∀akaa)のとき,∀α∈Gについてαffとなる元をGの作用についての不変式といい,その全体をk[x1,……,xn]Gと書く。…

※「基本対称式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

基本対称式の関連キーワード交代式

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android