コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎物理定数 きそぶつりていすうphysical constant

知恵蔵の解説

基礎物理定数

例えば、現在の長さの基本単位であるメートル(m)は、光の速度を一定と見なし、「光が真空中を一定時間に進む距離」として定義されているが、この光速度基礎物理定数の1つである。多くの物理現象や物理法則の定義には、ある量と他の量の間を関係づける比例定数としての基礎物理定数が介在する。SIのほかの基本量に関してもアボガドロ定数(質量物質量)、プランク定数(電流)、ボルツマン定数(熱力学温度)を介して基礎物理定数で定義する可能性が追究されている。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

きそぶつり‐ていすう【基礎物理定数】

普遍定数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎物理定数
きそぶつりていすう

普遍定数」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

基礎物理定数の関連キーワードジョセフソン電圧標準キログラム原器原子単位系電気計測原子定数光コム単位系

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android