普遍定数(読み)ふへんていすう(英語表記)universal constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎物理定数ともいう。物理学の基礎法則に含まれ,物質の種類に関係しない普遍的な物理定数。たとえば重力論の万有引力定数,特殊相対性理論の光速度,量子論のプランク定数電気素量,統計力学のアボガドロ定数ボルツマン定数などがある。適当な3個の普遍定数を基本単位とする原子単位系は原子物理学で,自然単位系は素粒子論でよく用いられる。多数の普遍定数は相互に関連しており,それらの精密な測定から最小二乗法によって個々の普遍定数の最確値が決定されている。 (→原子定数 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

物理・化学の基本法則を表す式で、それに関与する物質の種類や状態に関係なく、常に一定の値を保つ量。万有引力定数・光速度定数(真空中の光速)・電気素量・アボガドロ定数など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理定数のうちで、個々の物質やそれが置かれた条件によらず、つねに一定の値をもつもの。基本定数ともよぶ。とりわけ基本的と考えられているのは、真空中の光速c(これで1メートルを定義する)、プランク定数h、万有引力定数G、そしてボルツマン定数kとアボガドロ定数NAである。これに電気素量eと物質の普遍的構成要素である電子、陽子、中性子などの質量を加えることもある。さらに、SI単位系が世界共通に採用されるようになった今日では、電気にかかわる基本定数として真空の誘電率ε0を加えるべきであろう。1/(4πε0)が万有引力の場合のGにあたる。普遍定数の選び方が理論構成によって変わるのは当然で、将来クォークの質量がはっきりすれば、これも基本定数のなかの基本的なものとされるであろう。それでも原子程度の尺度の世界ではhe、電子の質量m、それにkNAが基本定数であり続けるに違いない。イギリスの理論物理学者であるディラックは、普遍定数も宇宙の変化に伴って変化するという説を提出しているが、現在までのところ、それを否定する材料のみあって、積極的に支持する事実はない。[江沢 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 基本法則を表わす式中において、対象となる個々の物質の種類や状態に関係なく、常に一定の値をもつ定数。万有引力定数、プランクの定数、真空中の光の速度、ボルツマン定数、電気素量など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の普遍定数の言及

【定数】より

…また積分定数のように,変化はしないが任意の値を与えるものを不定定数という。物理学の万有引力の法則FGmm′/r2における万有引力定数Gや,電気素量,光速度定数などのように基本的な物理法則によって定められた定数を普遍定数と呼んでいる。【伊藤 清三】。…

※「普遍定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android