コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩類化 えんるいか

大辞林 第三版の解説

えんるいか【塩類化】

蒸発量が降水量を上回る乾燥・半乾燥地帯で、水の蒸発により塩類が土壌に集積すること。排水の不十分なところで著しい。砂漠化の原因となる。塩類集積。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

塩類化の関連キーワードソロニゼーションソロンチャク塩類化作用半乾燥地帯ソロネッツ塩類土砂漠化降水量蒸発塩類

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android