壬生匡遠(読み)みぶ ただとお

朝日日本歴史人物事典の解説

壬生匡遠

没年:貞治5/正平21.5.4(1366.6.12)
生年:生年不詳
南北朝時代の官人,壬生官務家当主。父は左大史千宣。主殿頭,記録所勾当,修理東大寺大仏長官,左大史となり,建武3/延元1(1336)年大宮官務家の冬直のあと,北朝にあって官務となった。太政官実務の先例典礼に精通していたので,周囲から重きをおかれた。壬生家にあっても同族大宮家をおさえ発展し,同家中興の基礎を築いた。左大史のは相当の六位を越えて,平安時代末には五位になったが,匡遠は初めて従四位下,のちに正四位上に叙せられ,家格を高めた。日記が残存するが断簡である。

(飯倉晴武)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android