コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小槻匡遠 おづきの ただとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小槻匡遠 おづきの-ただとお

?-1366 南北朝時代の官吏。
壬生流(みぶりゅう)官務家小槻于宣(ゆきのぶ)の子。正和(しょうわ)5年主殿頭,建武(けんむ)3=延元元年官務となる。備前介,記録所勾当(こうとう),修理(しゅり)東大寺大仏長官などを兼任。後醍醐(ごだいご)政権下では記録所や雑訴決断所につとめた。貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年5月4日死去。日記に「匡遠宿禰記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小槻匡遠の関連キーワードフルハイビジョンフルHDTSUTAYA GALAPAGOSSXGAフルHD但馬地方の周産期医療紅巾の乱草庵集焼山紅巾の乱

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone