売上高営業利益率(読み)うりあげだかえいぎょうりえきりつ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

売上高営業利益率

営業利益/売上高×100(%)。 つまり、売上高に対して営業利益が何%かを示す。 営業活動が効率的に行われたかどうかをみるための指標で、高いほど良いとされる。売上高営業利益率は、販管費率と表裏の関係にある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典内の売上高営業利益率の言及

【営業利益】より

…営業利益は,企業本来の目的による活動成果を示すから,企業の経営成績を判断する際の重要な指標となる。通例,売上高に対する割合(売上高営業利益率),資本に対する割合(資本営業利益率)がよく用いられる。営業利益の計算は,一般には,純売上高(総売上高から売上値引・売上戻り高などを控除したもの)から売上原価を差し引いて売上総利益(=粗利益)を算出し,その売上総利益から一般管理費・販売費を差し引いて営業利益を算出する形でなされる。…

※「売上高営業利益率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

売上高営業利益率の関連情報