夏の大三角形(読み)なつのだいさんかくけい

大辞林 第三版の解説

なつのだいさんかくけい【夏の大三角形】

夏の夜空に高く輝くベガ(織女星)、アルタイル(牽牛星)、デネブ(白鳥座 α 星)の三輝星がつくる三角形をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夏の大三角形の言及

【アルタイル】より

…わし座のα星。ベガ,デネブとともに〈夏の大三角形〉をつくる。この名は,アラビア名ナスル・アルターイルal‐Nasr al‐Ṭā’ir(飛ぶワシ)に由来する。…

※「夏の大三角形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏の大三角形の関連情報