夏家店下層文化(読み)かかてんかそうぶんか

世界大百科事典内の夏家店下層文化の言及

【彩陶】より

…福建地方の新石器文化である曇石山文化には,細砂灰陶に赤色の斑文や格子の彩文を描いた短頸壺があり,この系統の彩陶が台湾にまでおよんでいる。遼寧から吉林にかけて広がる殷・周時代並行の夏家店下層文化にも華麗な彩陶がある。研磨した泥質黒陶の深鉢や鬲(れき)の焼成後に,朱色と白色を主にしときには黄色をくわえた文様を描く。…

※「夏家店下層文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android