コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外部装薬 がいぶそうやく

世界大百科事典内の外部装薬の言及

【発破】より

…発破作業では,爆薬の爆発力をより効率よく利用するために,岩石などに小孔をあけて,その中に爆薬を装てんして起爆する方法をとるのが普通である。岩石やその他の構造物の表面に爆薬をのせて行う方法(外部装薬,貼付け(はりつけ)発破ともいう)もあるが,エネルギーの大部分が空気中に散逸してしまうため爆破の効果は著しく減少する。 爆薬を装てんする小孔を岩石などにせん孔するために,各種の削岩機が開発されている。…

※「外部装薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android