コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多神社 おおじんじゃ

世界大百科事典内の多神社の言及

【多氏】より

…《古事記》《日本書紀》によれば,神武天皇皇子神八井耳命(かむやいみみのみこと)を祖とする。大和国十市郡飫富郷(現,奈良県磯城郡田原本町多)に多氏一族のまつる多神社(多坐弥志理都比古神社)があり,この地を本貫としていたと考えられる。多神社は式内社で,すでに奈良時代中期には多数の神戸(かんべ)を有しており,有力な神社であった。…

※「多神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多神社の関連キーワード奈良県磯城郡田原本町多気多の鵜祭の習俗羽咋(市)気太十千代湯谷 基守西寒多神社金子 吉祗加藤里路山田方雄太安万侶賀茂水穂伊勢原市寺家遺跡加納直盛高岡市豊後国国府祭延喜式羽咋市大分市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多神社の関連情報