コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜焚き ヨダキ

デジタル大辞泉の解説

よ‐だき【夜×焚き】

《「よたき」とも》夜、集魚灯をともし、光に集まってきた魚をとる漁法 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よたき【夜焚き】

〔篝火かがりびをたいたのでいう〕
暗夜、集魚灯に寄ってきた魚をとる漁法。よだき。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の夜焚きの言及

【篝火】より

…【江馬 務】
[漁火]
 漁火としての篝火は〈いさりび〉ともいう。このほか漁師の間では〈夜焚き(よたき)〉〈火振り〉〈焚入れ〉などという言葉が,篝火をたく漁の意として用いられてきた。水面で暗夜に火をたくと,イワシ,アジ,サバ,イサキ,イカなどは火影に寄り集まってくるが,アユ,サワラなどは火光に驚いてにわかに逃げる。…

※「夜焚き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夜焚きの関連キーワード暗夜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜焚きの関連情報