コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保(秋田) おおくぼ

世界大百科事典内の大久保(秋田)の言及

【昭和[町]】より

…八郎潟南東岸に位置し,東部は太平山地,西部は八郎潟の南をふさぐ天王砂州の一部を含む。中心の大久保は近世羽州街道の宿場町として発達,明治以降は八郎潟でとれるワカサギ,シラウオなどのつくだ煮製造が盛んであったが,八郎潟干拓後は衰退した。豊川は近世以来,歴青(アスファルト)の産地として知られ,大正期には豊川油田も開発されて,昭和初期には石油の採掘が盛んであったが,現在は天然ガスが中心となっている。…

※「大久保(秋田)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android