大分・鶴崎臨海工業地域(読み)おおいたつるさきりんかいこうぎょうちいき

世界大百科事典内の大分・鶴崎臨海工業地域の言及

【大分[県]】より

…工業では日豊本線開通以降進出した大分市,中津市の繊維工場,地元資源を利用した津久見のセメント工場,日田の木材加工工場,輸入鉱物加工の佐賀関製錬所などが起こった。1952年まで工業の首位にあった繊維は衰退して中津,大分になごりをとどめ,50年代末から大分川,大野川下流西岸一帯の遠浅の海岸が注目されて,61年から重化学工業を中心に大分・鶴崎臨海工業地域が造成された。大分川河口の大分空港が72年国東半島南東岸に移転して跡地の広範囲な利用が可能になり,第1期工事が完了し,新日鉄,九州石油,昭和電工などの大企業が立地している。…

※「大分・鶴崎臨海工業地域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android