大割れ(読み)おおわれ

世界大百科事典内の大割れの言及

【かばん(鞄)】より

…やがて西洋文化が導入されるようになると,胴乱は西洋のかばんを模倣し,手や肩に提げる形態となり,実質的にかばんと同様になった。胴乱という呼称は1890年ころには消滅し,畳み鞄,大割れ,平屋根という名の旅行用・携帯用のかばんが生産されるようになった。1882年ころかばんの口金がドイツより輸入され,87年以降は製造工程にミシンが導入された。…

※「大割れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報