コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂三十三所観音霊場札所 おおさかさんじゅうさんしょかんのんれいじょうふだしょ

世界大百科事典内の大坂三十三所観音霊場札所の言及

【四天王寺】より

… 南北朝の内乱以後寺域はしばしば戦場となり,1576年(天正4)織田信長により灰燼と化したが,豊臣秀吉の援助と勧進活動により1600年(慶長5)再興,15年(元和1)再度焼失,19年(元和5)天海が復興し,以来日光輪王寺の末寺となった。寺内諸堂は大坂三十三所観音霊場札所にあてられ,諸堂巡拝は三十三所巡礼と同じとされて参詣者がたえず,寺外の門前町には店が並び,芸能が演じられてにぎわった。 1773年(安永2)伽藍大破,1801年(享和1)火災,1934年台風災害,45年戦災など,たび重なる被害をくぐりぬけ,そのつど勧進活動により復興され,太子の霊場,先祖供養の寺として信仰され,生きつづけている。…

※「大坂三十三所観音霊場札所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone