コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大壁造 おおかべづくり

世界大百科事典内の大壁造の言及

【大壁】より

…反面,壁内換気がむずかしく,内部結露などにより耐久性上問題の生ずることがある。なお,大壁による建物を大壁造ということがある。【大野 隆司】。…

【木造建築】より

…柱を先に立てる構法のほかに,あらかじめ壁面全体の枠組を地表で組み立てておき,それを鉛直に立ち上げて建物をつくる枠組壁工法にも,間柱をしげく入れたこの軸組式の手法がよく用いられる。主要な軸組材の間を塗壁や煉瓦壁で充てんする方法と,骨組みの上に仕上材をかぶせる方法とがあり,その結果柱や梁が露出した場合を真壁造,露出しない場合を大壁造という。(3)組積式 丸や四角の断面をした太い木材を水平に組み合わせて壁をつくる方式で,井楼(せいろう)造ともいう。…

※「大壁造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大壁造の関連キーワード伝統的建造物群保存地区真壁(建築)吉田五十八美馬(市)日本の民家真壁造り木構造付け柱塗屋造土蔵造間柱大壁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android