大小中ノ舞(読み)だいしょうちゅうのまい

世界大百科事典内の大小中ノ舞の言及

【中ノ舞】より

…四段5節(流儀により五段6節)から成るのを正式とするが,近年は三段4節の略式で演じられることが多い。笛・小鼓・大鼓で奏する〈大小中ノ舞〉と,太鼓が入る〈太鼓中ノ舞〉とがある。大小中ノ舞は穏やかに奏され,《熊野(ゆや)》《船弁慶》などの現実の美女や,《班女》《雲雀山(ひばりやま)》の狂女,《自然居士(じねんこじ)》などの喝食(かつしき)が舞う。…

※「大小中ノ舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android