大河原紙(読み)おおがわらがみ

世界大百科事典内の大河原紙の言及

【細川紙】より

…1668年(寛文8)の資料では,すでに比企,秩父,男衾(おぶすま)の3郡における製紙業の発展はめざましい。当時は大河原紙と称して,秩父郡の安戸村が中心であった。それから160年後の《新編武蔵風土記稿》(1828)によれば,小川紙と称して,平村,腰越村などですき,小川村に問屋がいて,中心地となっている。…

※「大河原紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる