コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津投節 おおつなげぶし

世界大百科事典内の大津投節の言及

【投節】より

…清元《神田祭》などの中の〈投節〉という曲節は,この〈そそり節〉のこととされている。河東節の《助六》(《助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)》),常磐津《関の扉(せきのと)》,長唄《吉原雀》などにおいて,廓の情趣を表すものとして用いられる曲節は,〈大津投節〉ともいわれるもので,本来のものとは異なる。 地歌《月見》《狐火》などには,元禄期の曲節が遺存することを,町田嘉章が指摘しているが,一般に地歌では,三味線が低い音域で伴奏するのに対して歌が高い音域である曲節の一つを〈ナゲブシ〉といっている。…

※「大津投節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone