コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大海人皇子 オオアマノオウジ

デジタル大辞泉の解説

おおあま‐の‐おうじ〔おほあま‐ワウジ〕【大海人皇子】

天武天皇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大海人皇子【おおあまのおうじ】

天武天皇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおあまのおうじ【大海人皇子】

天武天皇の名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大海人皇子
おおあまのおうじ

天武天皇」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大海人皇子
おおあまのおうじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大海人皇子の言及

【壬申の乱】より

…672年(天武1,壬申の年)に生じた内乱。大友皇子と大海人皇子(のちの天武天皇)とで皇位継承をめぐって争われた。大友皇子の父,大海人皇子の兄であった天智天皇は,その末年に至って,その子大友皇子を後継者とする方針にかたむき671年(天智10)には太政大臣に任命して政権の中心にすえた。…

【天武天皇】より

…いわゆる白鳳時代,律令国家の形成を推進した。名は大海人(おおあま)皇子。舒明天皇の子,母は宝皇女(のちの皇極天皇),同母兄に中大兄皇子(天智天皇)がいる。…

※「大海人皇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大海人皇子の関連キーワードあしびきの山の雫に国栖・国樔・国巣あかねさす紫の花飛鳥浄御原宮大坪 草二郎県犬養大伴伊賀[町]山背部小田紀阿閉麻呂近江大津宮大伴馬来田和珥部君手田中足麻呂蘇我安麻呂佐味少麻呂大田皇女大分稚見村国男依壬申の乱大友皇子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大海人皇子の関連情報