天武天皇(読み)てんむてんのう

精選版 日本国語大辞典 「天武天皇」の意味・読み・例文・類語

てんむ‐てんのう ‥テンワウ【天武天皇】

第四〇代の天皇(在位六七三‐六八六)。舒明天皇の子。名は大海人皇子(おおあまのおうじ)。兄の天智天皇即位の際、皇太弟となったが、天皇の死を前に吉野山中に退去、六七二年大友皇子弘文天皇)との間に壬申の乱が起こり、旧勢力を平定、即位した。飛鳥浄御原律令、国史の選修、八色(やくさ)の姓(かばね)制定を行なって律令体制を強化した。天武一五年(六八六)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「天武天皇」の意味・読み・例文・類語

てんむ‐てんのう〔‐テンワウ〕【天武天皇】

[?~686]第40代の天皇。在位673~686。舒明天皇の第3皇子。名は大海人おおあま。母は皇極天皇斉明天皇)。兄の天智天皇の子の大友皇子(弘文天皇)が太政大臣になると皇太子の地位を去り、吉野に隠退。天智天皇没後、皇位を争って大友皇子を打倒(壬申の乱)。乱後、飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらのみやで即位。八色やくさかばねの制定や国史の編纂へんさんなどにより律令制を整備した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「天武天皇」の意味・わかりやすい解説

天武天皇 (てんむてんのう)
生没年:?-686(朱鳥1)

第40代にかぞえられる天皇。在位673-686年。いわゆる白鳳時代,律令国家の形成を推進した。名は大海人(おおあま)皇子。舒明天皇の子,母は宝皇女(のちの皇極天皇),同母兄に中大兄皇子(天智天皇)がいる。生年は不明だが,天智より5歳年少の631年(舒明3)の生れとするのが通説。それに従うと大化改新のはじまる645年(大化1)には15歳で,直接の関係はなかったと思われる。しかし成長するにしたがって中大兄の政治を助けたであろう。中大兄は孝徳天皇のもとで皇太子として大化の新政を指導し,孝徳の死後は母皇極をふたたび天皇(斉明)とし,なお皇太子の地位にあった。斉明朝の657年(斉明3)に天武が中大兄の女鸕野讃良(うののさらら)皇女を妃としているのは,このころから政治にかかわったことを示すのではあるまいか。その前後に鸕野讃良の同母姉大田皇女をも妃としている。なお,これよりさき額田王(ぬかたのおおきみ)をめとり,十市皇女をもうけたが,額田王はそののち天武と離れ中大兄に寵愛された。

 当時中大兄のもとで律令的政治制度を唐・朝鮮より摂取し,国政の改革が進行していたが,海外では唐の強大な勢力が朝鮮に及び,東アジアの国際情勢は緊迫の度を強めていた。661年,唐と新羅に攻められた百済救援の軍が派遣されたのもその一つの現れであるが,その軍は663年(天智2)に白村江で大敗した。翌年に天智は冠位二十六階の制や民部・家部の制などを定めて体制の建直しを図り,667年に都を近江の大津に移し,その翌年ここで正式に即位する。このとき天武は皇太子の地位につき,皇太弟と呼ばれた。しかしその後,天智は子の大友皇子を後継者にしようとし,671年に太政大臣に任じた。天武はその天智の意中を察して宮廷を退き出家するとして,吉野山中に隠れた。天智は同年12月に没し,近江朝廷は大友皇子(弘文天皇)が君臨したが,天武は672年(天武1)6月,直領地のある美濃を基盤にして挙兵して反乱をおこした。これが壬申の乱である。天武の策戦指導が適切であったことと,宮廷内部にも地方豪族にも天武に同調者の多かったことにより,反乱は成功し,約1ヵ月のちに近江宮は落ち,大友皇子は自殺した。

 天武は都を大和にかえし,翌673年飛鳥浄御原宮で即位し,鸕野讃良皇女を皇后とした。政治の方針は,太政大臣や左右大臣を置かず,有力豪族の勢力を排除して天皇に権力を集中し,律令体制を推進することにあった。天武は皇后や皇子・皇族の補佐によって政治を執ったので,天武の政治を皇親政治ともいう。その治世のあいだに,天智朝に定めた部曲および山林原野の収公,飛鳥浄御原律令の編纂,八色の姓(やくさのかばね)の制定,地方豪族の武器の収公と兵制の整備,官吏の登用・昇進の制および位階六十階の制定など,つぎつぎに新制を実施し,律令政治を軌道にのせた。国史の編纂や伊勢神宮の整備も天武の仕事である。治世15年で686年に没した。諡(おくりな)を天渟中原瀛真人(あめのぬなはらおきのまひと)といい,陵は奈良県明日香村野口にある。
執筆者: 天武天皇は歌人としては《万葉集》第2期に属する。最初,当代第一の女流歌人額田王を妻として娘をもうけたが,やがて彼女は実兄,中大兄の後宮に入る。668年に天智天皇の蒲生野での薬猟(くすりがり)に従って,かつての妻額田王との間にかわした贈答歌は名品として知られる。〈紫草(むらさき)のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我れ恋ひめやも〉(《万葉集》巻一)。この歌は狩のあとの宴会で宮廷の人々の前で歌われたもので,相手の歌のことばに即興的に答えながら,不思議にみずみずしく,深い真情が訴えられている。673年以後,壬申の乱の直前の吉野での思いを回想した長歌1首は,当時の歌謡によって抒情したもの。ほかに吉野を語呂よくほめた短歌1首と,藤原夫人(ふじわらのぶにん)に戯れかけた短歌1首との計4首が《万葉集》に伝えられている。これらに共通する,明快で清純で時に沈痛な力強い歌風は,この時代を領導した作者の人柄とともに,白鳳文化の特徴をよく示している。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「天武天皇」の意味・わかりやすい解説

天武天皇
てんむてんのう
(?―686)

第40代天皇(在位673~686)。舒明(じょめい)天皇の皇子。母はその皇后にあたる皇極(こうぎょく)天皇で、天智(てんじ)天皇の同母弟。諱(いみな)を大海人(おおあま)皇子といい、草壁(くさかべ)、大津(おおつ)、高市(たけち)、舎人(とねり)の諸皇子らの父。天皇の生涯の前半は兄の天智天皇の活躍に隠れているが、かなりの部分、行動をともにしたらしい。668年(天智天皇7)兄が即位すると(天智天皇)、皇太弟として政治を助けた。しかし天智天皇の子の大友(おおとも)皇子が成人すると、皇嗣(こうし)問題で両者対立するに至った。671年に大友皇子は太政大臣となったが、これにより大海人皇子は政権から疎外され、両者の対立は決定的となった。この年の秋、病床に臥(ふ)した天皇は後事を大海人皇子に託そうとしたが、陰謀のあることを知った皇子は、病気全快を祈るため出家するとの名目で辞退し、吉野に引きこもった。同年末、天智天皇は近江大津宮(おうみおおつのみや)に崩じたが、翌672年6月、近江方の動きを察した皇子は、先手を打って少数の舎人らと挙兵し、鈴鹿(すずか)、不破(ふわ)の関をふさいで東国の兵を動員して戦闘に臨んだ。約1か月の戦いののち近江大津宮に攻め入り、大友皇子(弘文(こうぶん)天皇)を自殺させ勝利を得た。いわゆる壬申(じんしん)の乱である。

 673年飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)に即位し、天智天皇の子の鸕野(うの)皇女をたてて皇后とした(後の持統(じとう)天皇)。以後、天皇権力の安定強化に力を注ぎ、律令(りつりょう)制支配の完成を目ざした。このために官人の任官昇進規定などを法令化し、豪族たちの官僚化に努めた。684年に八色(やくさ)の姓(かばね)の制を定め、皇室との親疎を規準とする身分制を設け、翌年に親王、諸王に十二階、諸臣に四十八階の位階制を設け、草壁皇子以下諸皇子に位を与え、天皇以外は位階序列のなかに位置づけた。また大化改新以来の公地公民制の実施も進められ、675年には諸氏族の部曲(かきべ)の廃止、諸王臣私有の山野の収公などの処置に出た。翌々年には諸王臣の封戸(ふこ)に対して強い統制を及ぼし、封戸の民と給主との私的な結び付きを断つ方策を実施した。

 一方、681年から開始された律令と史書の編纂(へんさん)事業は、天皇の死によって中断されたが、それぞれ後継者により継承され完成した。すなわち、令は持統天皇によって689年(持統天皇3)に『浄御原令(きよみはらりょう)』として諸官司に頒布され(律は未完成に終わった公算が大)、さらに、『大宝(たいほう)律令』として701年(大宝1)に大成されている。また史書の編纂は712年(和銅5)の『古事記』、720年(養老4)の『日本書紀』として実を結んでいる。天武天皇の政治は天智天皇のそれを継承しているが、単なる継承ではなく、天皇を頂点とする中央集権的支配体制の確立を、より徹底化、促進化したものとして注目される。686年(朱鳥1)崩ず。御陵は大和(やまと)国高市(たけち)郡(奈良県明日香(あすか)村野口字王墓)にあり、檜隈大内(ひのくまおおうち)陵という。『万葉集』に天皇の歌が四首収められているが、そのうち額田王(ぬかたのおおきみ)との間に交わされた歌(巻1―21)や、壬申の乱直前に吉野入りしたとき自己の心情を歌った歌(巻1―25)などは名高い。また同歌集に「大王(おおきみ)は神にしませば」という語句で始まり、天武天皇およびその一族をたたえた歌がみえるが、これは壬申の乱に勝利を得た天皇への畏敬(いけい)と、勝利をともに戦い抜いた天皇への親近感をこめたもので、こうした歌がその後二十数年で絶えるのは、天皇の存在がそうした畏敬や親近感から遠いものになる一方、作者たちも整然とした官人秩序のなかに身を置かざるをえなくなったからであると説かれている。

[亀田隆之]

『川崎庸之著『天武天皇』(岩波新書)』『亀田隆之著『壬申の乱』(1961・至文堂)』『直木孝次郎著『壬申の乱』(1961・塙書房)』『北山茂夫著『壬申の内乱』(岩波新書)』『北山茂夫著『天武朝』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「天武天皇」の意味・わかりやすい解説

天武天皇【てんむてんのう】

7世紀後半の天皇。大海人(おおあま)皇子。舒明(じょめい)天皇の皇子で,天智(てんじ)天皇の同母弟。天智即位のとき皇太子の地位につき皇太弟(こうたいてい)と呼ばれたが,671年天智の死にあたり,天智の心が子の大友皇子にあるのを察して出家,吉野に入った。壬申(じんしん)の乱で大友皇子を倒し,673年飛鳥浄御原(あすかきよみはら)宮で即位し,686年まで在位。飛鳥浄御原律令の編集を命じ,国史の編修を開始し八色の姓(やくさのかばね)を制定,律令制度を強化確立。
→関連項目飛鳥岡本宮飛鳥浄御原令大王笠置寺草壁皇子光仁天皇古事記持統天皇淳仁天皇清見寺大官大寺高階氏天皇十市皇女日本書紀額田王吉野宮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「天武天皇」の意味・わかりやすい解説

天武天皇
てんむてんのう

[生]?
[没]朱鳥1(686).9.9. 大和,飛鳥
第 40代の天皇 (在位 673~686) 。生年は明らかでないが,舒明3 (631) 年説が有力である。名は大海人皇子 (おおあまのおうじ) 。舒明天皇の第3皇子。母は皇極 (斉明) 天皇。天智天皇の弟。大化改新およびそれに続く内政,外交上の大変革期に成長,天智7 (668) 年皇太子となり,兄天智天皇を助けたが,兄が崩御すると吉野に入り,弘文1 (672) 年兵をあげて大友皇子を自殺させ (→壬申の乱 ) ,翌年2月 27日には飛鳥浄御原宮で即位,妃う野 (うの) 皇女 (天智天皇皇女,のちの持統天皇) を皇后とした。皇権の安定化,改新事業の推進に努め,律令体制の強化,すなわち律令の改定,八色の姓 (やくさのかばね) の創始,官位制の拡充,国史の撰修などを行なった。諡 (おくりな) は天渟中原瀛真人天皇 (あめのぬなはらおきのまひとのみこと) で,陵墓は奈良県高市郡明日香村の檜隈大内陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「天武天皇」の解説

天武天皇
てんむてんのう

631?~686.9.9

在位673.2.27~686.9.9

大海人(おおあま)皇子・天渟中原瀛真人(あまのぬなはらおきのまひと)天皇と称する。舒明天皇の次男。母は宝皇女(皇極天皇)。天智天皇の皇太弟とされ,671年(天智10)天智が重病となり,後事を託そうとしたのを固辞し,出家して吉野に移った。天智の死後,翌年吉野をでて美濃に至り,ここを拠点として兵を集め,天智の子大友皇子を擁する近江朝廷軍と戦って,これを破った(壬申の乱)。乱後,飛鳥浄御原(あすかのきよみはら)宮で即位し,強大な皇権を背景に,中央集権的な国家の建設を進めた。とくに八色の姓(やくさのかばね)や新冠位制,位階昇進制度の制定により,豪族層の官人としての組織化をめざした。681年(天武10)には律令の編纂を命じ,皇后の鸕野讃良(うののさらら)皇女(持統天皇)との間に生まれた草壁(くさかべ)皇子を皇太子に立てた。また藤原京の建設を開始したと考えられるほか,複都制を志して都城建設の候補地を全国に求め,難波にも宮殿を造営した。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「天武天皇」の解説

天武天皇 てんむてんのう

?-686 飛鳥(あすか)時代,第40代天皇。在位673-686。
舒明(じょめい)天皇の皇子。母は宝皇女(のち皇極・斉明天皇)。天智(てんじ)天皇の同母弟。天智天皇の子大友皇子(弘文天皇)との皇位をめぐる争い(壬申(じんしん)の乱)に勝利し,飛鳥の浄御原(きよみはらの)宮で即位。天皇中心の政治の確立をめざし,飛鳥浄御原令(りょう)や八色(やくさ)の姓(かばね)などを制定した。皇后は鸕野讃良(うののさらら)皇女(持統天皇)。朱鳥元年9月9日死去。墓所は檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)(奈良県明日香村)。別名は大海人(おおあまの)皇子,天渟中原瀛真人天皇(あまのぬなはらおきのまひとのすめらみこと),浄御原天皇。
【格言など】凡(およ)そ政(まつりごと)の要は軍事なり(天武天皇13年の詔)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版 「天武天皇」の解説

天武天皇
てんむてんのう

?〜686
7世紀後期の天皇(在位673〜686)
舒明 (じよめい) 天皇第3皇子。母は皇極(斉明)天皇。大海人 (おおあま) 皇子と称した。兄天智天皇を助け大化の改新政治の確立に尽くしたが,皇嗣問題などをめぐって不和となった。天智天皇死後吉野に退き,大友皇子(弘文天皇)との間に壬申の乱(672)がおこったが,東国を基盤としてこれに勝ち,673年飛鳥浄御原 (あすかきよみはら) 宮で即位。律令の制定や国史の編纂に着手し,八色の姓 (やくさのかばね) の制定など大化の改新以来の事業を確立した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の天武天皇の言及

【飛鳥時代】より

壬申の乱である。結果は近江朝廷方が敗れて,大友皇子は自殺し,大海人皇子は大和に帰って飛鳥浄御原宮を造営し,天武天皇として即位する。天武天皇は旧豪族を抑え,皇親を重用して天皇中心の皇親政治を行い,八色の姓(やくさのかばね)の制定や飛鳥浄御原令の編纂など律令制国家の建設に努めた。…

【陰陽道】より

…白村江の戦以後,百済からの亡命や大陸留学者の帰還によって帰化人系陰陽家が多数活躍し,角福牟(ろくふくむ),僧法蔵,同行心,同道顕らが知られるが,朝廷では僧侶は還俗のうえ仕えさせたので,行心の子僧隆観は金財(たから),僧義法は大津首意毘登(おおつのおびといびと)と改めている。天武天皇はみずから天文・遁甲の術をよくしたといわれ,はじめて陰陽寮をおき占星台を興した。律令制が整備されると陰陽寮は中務省に属し祥瑞災異の判定や新都建設の地相卜占をつかさどったが,反面この方面の専門書や天文器物の私有は禁ぜられた。…

【持統天皇】より

…同年12月に天智は没し,大友皇子があとを継いだ(弘文天皇)が,翌672年(天武1)6月,大海人は反乱をおこして弘文の近江朝廷を滅ぼす。これが壬申の乱で,勝利した大海人は都を大和へかえし,673年飛鳥浄御原宮で即位し(天武天皇),持統を皇后とした。持統は《日本書紀》に〈天皇を佐けて天下を定め,(中略)言政事に及び,毗(たす)け補う所多し〉とあるように,夫天武を助けて政治をとった。…

【壬申の乱】より

…672年(天武1,壬申の年)に生じた内乱。大友皇子と大海人皇子(のちの天武天皇)とで皇位継承をめぐって争われた。大友皇子の父,大海人皇子の兄であった天智天皇は,その末年に至って,その子大友皇子を後継者とする方針にかたむき671年(天智10)には太政大臣に任命して政権の中心にすえた。…

【道教】より

…このほか,淤能碁呂(おのごろ)島に天降りました伊邪那岐・伊邪那美の2神が〈天の御柱を見立てた〉という天柱信仰,天孫邇々芸(ににぎ)命の降臨に際して天照大神が〈此れの鏡は,専(もは)ら我が御魂(みたま)として,吾が前を拝(いつ)くがごといつきまつれ〉と詔(の)りたもうたというの宗教哲学,大国主神(大穴牟遅(おおなむち)神)の妻の父として出てくる速須佐之男(はやすさのお)命の〈頭を見れば,呉公(むかで)多(さわ)なりき〉という蜈蚣(むかで)の呪術信仰などにも道教の影響が十分に考えられる。
[天武・持統朝と道教]
 以上は8世紀初めに成った日本最古の歴史書,記紀の神話伝説的記述に指摘される道教の影響であるが,これよりもさらに古く道教の神学教理の影響が看取されるのは,7世紀の後半,《古事記》の原型とされる〈帝紀〉〈旧辞〉を稗田阿礼(ひえだのあれ)に誦習させている天武天皇の治世である。すなわち天皇は684年(天武13)に〈八色(やくさ)の姓(かばね)〉を定めて,その第1位と第5位に道教の神学用語である〈真人〉と〈道師〉を用い,死後にはその諡(おくりな)に道教の神仙信仰をそのまま表す〈瀛真人(おきのまひと)〉の3字が用いられている(真人)。…

※「天武天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android