コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大深 おおぶか

世界大百科事典内の大深の言及

【三度笠】より

…江戸時代に三度飛脚が用いたのでこの名がある。はじめて三度笠が用いられたのは貞享年間(1684‐88)といわれ,寛延・宝暦(1748‐64)ころのものは女笠に似て大型の浅い菅笠であったが,天保・嘉永(1830‐54)ころに用いられたものは饅頭笠(まんじゆうがさ)に似てかぶる度のきわめて深い菅笠で,一名,大深(おおぶか)とも呼ばれた。そのかぶる度を深くするのは,誤って落馬したときに顔面にきずを受けない用心とも,また風やほこりを防ぐ必要からともいわれている。…

※「大深」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大深の関連キーワード長野県南佐久郡川上村大深山玉川(秋田県の川)海洋プラットホームタンガニーカ湖スペリオル湖十和田(市)オンタリオ湖八幡平温泉郷大深度地下法十和田[市]大深度地下ミシガン湖深海潜水艇マルタ海峡花みょうが山彦 栄子後生掛温泉正岡 国男参天製薬奥只見湖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大深の関連情報