コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊和彦 おおくまかずひこ

世界大百科事典内の大熊和彦の言及

【アブシジン酸】より

…(化学式)植物ホルモンの一種。アメリカでアディコットF.T.Addicottらによってワタの実の落果時の離層形成を引き起こす物質は何かを追究する一連の研究が行われ,このなかで大熊和彦らがこの物質をワタの未熟な果実から単離し,構造を決定し,アブシジンIIと命名した(1965)。その翌年,コーンフォースJ.Cornforthらが合成によってその構造を確認した。…

※「大熊和彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大熊和彦の関連キーワードアブシシン酸アブシジン酸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android