コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大番米 おおばんまい

世界大百科事典内の大番米の言及

【大番舎人】より

…大番保司,大番領案主職の名称もみられ,それぞれ一定の職掌を分担していたようである。鎌倉中期以降には〈大番米〉なる文言もみられるが,これは番役勤仕が物納にかわったものと理解されてきたが,舎人(名主)が百姓たちから得分として収取していたものという見解も出されている。大番舎人,大番領雑掌といった文言は南北朝期の史料にもみられるが,このころには実質的にはその歴史的役割を終えていたと思われる。…

※「大番米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android