大纏(読み)おおまとい

世界大百科事典内の大纏の言及

【火消】より

…その結果,それまでよりもはるかに多くの人数を火元に動員することが可能となった。なおこのとき,大組1組ごとに大纏が与えられ,小組の纏の吹流しに代えて馬簾(ばれん)をつけさせた。この改正では,各町の負担軽減のため火消人足を30名から15名に半減したが,それでも町火消は9378名という人数だったという。…

※「大纏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android