コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵省預金部 おおくらしょうよきんぶ

1件 の用語解説(大蔵省預金部の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大蔵省預金部【おおくらしょうよきんぶ】

資金運用部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の大蔵省預金部の言及

【資金運用部】より

… 沿革的には,明治初期の財政制度の確立過程で,1872年(明治5)国の諸積立金準備金として利殖運用のため用いることとされ,76年に定められた〈準備金取扱規則〉において大蔵省国債寮で預金を預かり,これを運用するという仕組みが定められ,これが資金運用部の原型となった。1875年に発足した郵便貯金は,78年より大蔵省に預けられて運用されることとなり,85年には大蔵省預金部が設立された。預金部の資金は,主として国債に運用されたが,明治末期以降,地方公共団体や金融債を通じて産業資金にも運用されることとなった。…

【郵便貯金】より

…当初その名称は,単に〈貯金〉となっていたが,民間銀行の発達に伴って,混乱を避けるために〈駅逓局貯金〉となり,87年から〈郵便貯金〉となった。発足初年末の郵便貯金残高は1万5000円にすぎなかったが,以来,1908年1億円,23年10億円,42年100億円と増加し,その資金は大蔵省預金部(1951年から資金運用部)に預託され,殖産興業・富国強兵のため利用された。 第2次大戦後,47年には新しい〈郵便貯金法〉が公布され,〈郵便貯金を簡易で確実な貯蓄手段としてあまねく公平に利用させることによって,国民の経済生活の安定を図り,その福祉を増進させることを目的とする〉(同法総則1条)と規定された。…

※「大蔵省預金部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone