資金運用部(読み)しきんうんようぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資金運用部資金を管理運用した大蔵省の機関。1951年4月,資金運用部資金法に基づき設置され,郵便貯金年金積立金,各種特別会計から預託された資金をもとに財政投融資を実施した。2001年廃止。1885年5月に制定された預金規則により,預金局預金の出納整理の必要上,国庫勘定中に預金部が設けられたのが起源。1925年に資金の管理運用の適正化のため預金部預金法および大蔵省預金部特別会計法が制定され,預金部の機構面の整備がはかられた。2001年財政投融資制度改革が行なわれ,資金運用部は廃止,資金運用部資金に代わり財政融資資金が設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

政府直轄の機関。平成13年(2001)廃止。郵便貯金厚生年金国民年金積立金などの預託を受け、これを原資として国債引き受け一般会計および特別会計政府関係機関・公団地方公共団体などへの貸付を主として行った。財政投融資の中心的役割を果たしていた。財政融資資金継承

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大蔵省預金部(1925年発足)を改組して1951年設置された国営金融機関。資金源は,郵便貯金や厚生年金,国民年金その他の特別会計(簡易生命保険と郵便年金は除く)の積立金および余裕金その他の資金で資金運用部に預託されたもの,ならびに資金運用部特別会計の積立金および余裕金であり,国民大衆の零細な貯蓄性資金がその中心をなす。その運用については,安全で,かつ公共利益を増進するよう制約され,公債の消化,国・地方公共団体への貸付,政府関係機関・特殊法人への資金供給に限られる。巨額の資金は財政投融資の原資の主体をなす。財政投融資改革の一環として2001年4月資金運用部は廃止され,財政融資資金と改められた。
→関連項目国庫余裕金中小企業金融公庫日本開発銀行日本輸出入銀行農林漁業金融公庫北海道東北開発公庫郵便貯金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

資金運用部資金法によって創設された制度で,資金運用部資金の管理・運用を行う国の金融機構ともいうべきもの。その収入支出資金運用部資金特別会計によって経理されている。郵便貯金や厚生年金・国民年金の保険料など国の制度・信用を通じて集まった資金は,資金運用部資金(これを単に資金運用部と表現することもある)として一元的に統合・管理され,公共の利益の増進に寄与するよう運用されている。資金運用部は,このような資金運用部資金の管理運用権限を有する大蔵大臣を長とする一種の国営金融機関と考えることもできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

2001年(平成13)まで置かれていた大蔵省(現財務省)の組織。郵便貯金や各種特別会計の準備金および余裕金を資金運用部資金として統合管理し、その運用を図る政府組織であったが、2001年4月廃止となり、その事業は財政融資資金に引き継がれた。

 旧資金運用部は、1885年(明治18)に設置された大蔵省預金部が前身で、1951年(昭和26)に資金運用部資金法が制定され、それに基づいて大蔵省の資金運用部が創設された。資金運用部資金は、国の制度によって、国の信用に基づいて集められた資金であり、2000年(平成12)12月末の時点で、資産総額は439兆6626億円にのぼり、うち保有有価証券期末残高は85兆9558億円、長期国債72兆6823億円(16.5%)、一般会計および特別会計貸付99兆2414億円(22.5%)、政府関係機関貸付116兆0518億円(26.4%)、公団・事業団(特殊法人)等貸付71兆0344億円(16.1%)、地方公共団体貸付69兆5318億円(15.8%)であった。

 2000年度末における資金運用部預託金残高は、427兆8506億円。このうち郵便貯金および郵便振替は247兆0079億円で57.7%を、厚生保険特別会計は131兆5206億円で30.7%を占めた。債券および貸付金の残高は、431兆9407億円であり、このうち債券は85兆9558億円、貸付金は345兆9849億円であった。

 資金運用部特別会計は、資金運用部資金の運用に伴う歳入歳出を一般会計と区分して経理するために設けられていたものであり、歳入とは資金運用部資金の運用利殖金および付属雑収入であり、歳出とは資金運用部預託金の利子、資金運用部資金の運用損失金、運用手数料、事務取扱費等である。

 財政投融資制度は、大蔵省資金運用部が郵便貯金などの資金を全額預かり、資金運用部から特殊法人(公庫や公団など)に融資する制度であった。特殊法人は、この資金を使って高速道路や空港などを建設する大型事業に活用した。これまで特殊法人は、資金運用部から自動的に資金の流入を受けており自主的な資金調達を行う必要がなかったため、市場のチェックを受けることがなく経営が不透明であるといわれてきた。そのため、2001年度に財政投融資の抜本的見直しが行われ、資金運用部は廃止され、その継承組織として財政融資資金が新設された。

[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

日本銀行に設けられた政府口座の一つ。金融機関としての機能を果たす。昭和二六年(一九五一)制定の資金運用部資金法により大蔵省預金部から改組。郵便貯金と政府の各特別会計の預託金を資金として、公債の引受け、国、地方公共団体、政府関係機関や重要産業への貸付などに運用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android