大野原高原(読み)おおのばるこうげん

世界大百科事典内の大野原高原の言及

【東彼杵[町]】より

…主産業は農業で,稲作を中心に,背後の丘陵地でミカン,茶の栽培が盛んである。千綿(ちわた)川上流に奇岩,滝の続く千綿渓谷があり,なかでも竜頭泉(りゆうとうせん)はみごとな滝で,一帯は多良岳県立自然公園に含まれ,また県境近くの大野原高原は大村湾を一望する景勝の地である。【松橋 公治】。…

※「大野原高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android