コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀胤氏 おおすがたねうじ

世界大百科事典内の大須賀胤氏の言及

【大須賀氏】より

…中世下総の豪族。平姓千葉氏族。千葉介常胤の四男胤信から始まる。胤信は源頼朝の奥州征伐に際して先鋒を,畠山重忠討滅戦に際して後陣を務めた。子孫は下総国香取郡大須賀保(現,千葉県香取郡大栄町)を根拠に千葉六党の一つとして活躍。陸奥磐城郡好島荘紙谷郷にも所領をもつ。胤信の孫胤氏は鎌倉幕府の命により宝治合戦(1247)に連座した千葉秀胤を上総一宮に攻め滅ぼした。南北朝・室町時代に千葉宗家は衰えたが,千葉一族一揆中の有力者として守護代を務めるなどして活動,上杉禅秀の乱に際しては禅秀側に属し,1416年(応永23)10月千葉一門中として鎌倉米町表に出陣,40年(永享12)3月結城合戦に際しては大須賀越後守が関東公方の復活を策して結城側に参戦した。…

※「大須賀胤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android